離婚後の定住ビザ申請について

  • 2016.01.19 Tuesday
  • 15:14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格を持っている外国人が、その配偶者と離婚した場合、

婚姻期間の状況や、離婚後の状況によって、「定住ビザ」の変更できる可能性があります。

 

扶養すべき日本人の実子がいる場合を除き、

離婚後に定住ビザを取得したい場合、

‘本への定着性

⇔ズЩ由

生計を立てていける状況かどうか

が重要なポイントになってきます。

 

このうち、の生計について、入国管理局では、

“婚姻期間中に生活保護を受給していた場合、離婚後に「定住ビザ」を取得することは、極めて難しい”としています。

 

 

---------------------------------------------

結婚・離婚に関するビザのご相談は、“結婚・離婚ビザ相談センター”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”結婚・離婚ビザ相談センター”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする