ビザの標準審査期間

  • 2017.12.20 Wednesday
  • 11:35

ビザの申請から許可までの期間を“処理期間”(または審査期間)といいます。

これまでも、だいたいの処理期間の目安は法務省HPに“標準処理期間”として掲載されてきましたが、今年度から、全国の地方入国管理局における在留審査の処理期間の平均日数が、在留資格ごとに公表されるようになりました。

 

→詳細はコチラ

 

処分日を基準とした四半期ごとの公表ですが、内容をみてわかるのは、

申請件数が近年急増していて、しかも申請資料も多い「経営・管理」や、偽装が多く審査に時間がかかる「技能」の在留資格を除くと(永住ビザの審査期間については公表の対象になっていないので、除きます)、

「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格の処理期間が、他の在留資格に比べて圧倒的に長いということです。

 

これは、これらの在留資格は他の在留資格に比べて活動内容が非常に自由であり、ある意味とても便利なビザといえます。そのため、偽装も多く、従来から慎重な審査が行われていました。それが、近年更に厳重化していることも関係しているのでしょう。

 

しかも、これは全国の平均なので、申請件数の少ないところや混みあっていない入国管理局では、審査期間が非常に短いことも多く、逆に首都圏(特に東京、大阪、名古屋)では非常に混みあい、申請件数も多いため、この数字以上に審査に時間がかかっているのが実態です。

 

愛する配偶者や子どもを早く呼び寄せたい、早く在留資格が欲しい。

その気持ちはよくわかります。

 

であれば(どれくらいの効果が見込めるのかは謎ですが)、“完璧”な資料と“完璧”な説明で、できるだけ審査期間を短くしてもらうことを試みるのも、申請側にとって必要な努力なのかもしれません。

 

 

---------------------------------------------

結婚・離婚に関するビザのご相談は、“結婚・離婚ビザ相談センター”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”結婚・離婚ビザ相談センター”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM