配偶者が亡くなったら義両親との関係は??

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 10:51

昨今の少子化の時代、自分の老後は誰がみてくれるのか。やっぱり息子夫婦かな。

そう考えている高齢者の方も多いと思います。

 

日本の家族制度は、

「入籍する」「嫁に行く」「嫁ぐ」と表現されるように、未だ、妻が夫側の“家に入る”というようなイメージが強いです。

法律で、婚姻時には夫婦同姓となることが定められている(民法750条)のも、この認識を更に強くしている要因かもしれません。

婚姻時にどちらの姓(氏)を取るかは自由に選択できるにも拘わらず、男性が女性の姓を名乗る時は、(養子縁組をするわけでもないのに)「婿養子」などと表現されてしまうのも、

やはり“家に入る”というイメージが強いからでしょう。

 

なので、結婚をしたら、夫(妻)の親戚とも一生関係が続くと思われがちですが、

実はそうではないのです。

 

普段の生活では、“親戚”とひとくくりに表現されがちですが、

正確には、自身の血縁関係のある“血族”と、配偶者の“血族”(=“姻族”)があります。

“姻族”は、“婚姻”を行うことによって発生する関係性なので、離婚した場合、この“姻族関係”は消滅しますが、

死亡した場合は、この“姻族関係”は消滅しません。

 

 

加えて、前述したように、婚姻により嫁(婿)が“家に入る”という認識が強いせいで、

義両親は、例え実子が死亡しても、嫁(婿)に老後を見てもらえると思っていることが多いようです。

 

しかし、そもそも、特別な事情がある場合を除き、嫁(婿)に義両親(を含む姻族)の扶養義務は存在しません(民法877条)。

それでも、姻族関係を終了しない限り、家庭裁判所に特別な事情があると認められてしまえば、扶養義務が出てきてしまう可能性はあります。

 

そこで、夫(妻)が死亡しているのに、この期に及んで義両親の面倒まで見たくない!姻族とは縁を切りたい!と考える方は、

「姻族関係終了届」を出すことにより、“姻族関係”を終了させることができます。

 

親側からしたら、老後は、実子や嫁(婿)に、老後の自分の面倒を見てもらおうと思っていたのに…と考えていても、

実子が自分より先に死亡したり、それにより嫁(婿)が「姻族関係終了届」を出してしまっては、その計画もなかったことに…

そうならないためには、普段から信頼関係を築いておく必要がありますね。

 

 

(注)「姻族関係終了届」を出しても、戸籍や姓はそのままです。姓を婚姻前の姓に戻したい場合は、「復氏届」を出すことで、姓を婚姻前の姓に戻し、同時に戸籍も元の戸籍に戻ります。元の戸籍の戻したくない場合は、分籍を行います。

 

 

 

 

---------------------------------------------

結婚・離婚に関するビザのご相談は、“結婚・離婚ビザ相談センター”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”結婚・離婚ビザ相談センター”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする