在留カードの漢字表記

  • 2019.02.28 Thursday
  • 13:14

 

やや古い話になりますが、

2012年に在留管理制度が変更となった際に、それまでの「外国人登録証明書」から「在留カード」へと変更になりました。

その際、在留カードの氏名欄には、アルファベットでの氏名しか記載されない決まりとなりました。

 

しかし、中国や台湾、香港の方は、漢字表記の方が馴染みが深いですしょうし、

例えば、「張」さんという方がいたとして、

日本人は一般的に「ちょうさん」と呼びますが、

在留カードの表記は「ZHANG」となっていますし、パスポートの表記は「」となっていて、統一性がありません。

下手をすれば、同一人物かどうかの確認がとても面倒になってしまいます。

 

そこで、例えばパスポートや戸籍(に類似する書類)に漢字を使用してきた方の場合、

在留カードに、漢字氏名を表記することが可能です。

それが、「在留カード漢字氏名表記申出」という手続きがです。

 

ただし、在留期間の更新や在留資格変更等、在留カードが変更されるタイミング以外でこの手続きを行うと、

既存の在留カードを再交付するという手続きを行うことになるため、1300円の手数料がかかってしまいます。

 

なので、できれば、在留期間の更新や在留資格の変更を行うタイミングで、一緒に行うことをおすすめします。

しかし、在留資格認定証明書を持って入国された方の場合、このタイミングを待っていてはだいぶ先になってしまうため、

必要だと思う方は、「在留カード漢字氏名表記申出」の手続きだけ入国後に別途行うことになってしまいますね。

 

なお、この届出を行う場合、

・母国で漢字表記の氏名を使用していることを証明する資料(パスポートや戸籍書類等)

・既存の在留カード(再交付後、無効となり、在留カード番号も変わります)

・顔写真(3カ月以内に撮影。新しい在留カードに使用されます)

・手数料1300円(在留カード再交付にかかる手数料)

が必要となります。

 

 

また、行政書士等が取次で申請を行うこともできますので、お気軽にご相談ください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM