子どもが生まれたら・・・

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 15:23

外国人夫婦の間に子どもができて、日本で出産する場合の流れについて、

どの段階で何の手続きをすればいいのか、

母国の習慣とは異なることも多いと思いますので、

主に在留資格の観点から、一般的な流れについてご説明します。

※各個人のケースによって違いがありますので、詳細はその都度担当機関にご確認ください。

 

(1)妊娠が判明したら

まずは産婦人科を受診し、医師より母子手帳をもらってくるように言われたら、

住民登録をしている役所に行って、母子手帳をもらいます。

母子手帳は、日本独特のシステムですが、出産までの母体の管理や産後のお子さんの様子を把握するのにとても便利です。

また、母親が会社に勤務している場合などは、社会保険の手続きなどにも使用することがあります。

 

(2)出産後の手続き−出生の届出−

日本で出産した場合、母親は通常3~5日くらいで退院します。

ほとんどの病院では、退院時に「出生届」を渡してもらえるため、

この「出生届」と母子手帳をお住まいの役所に持参します

すると、「出生届受理証明」が取得でき、母子手帳には役所が出生についての証明書を書いてくれます。

また、この時に、お子さんのマイナンバーが記載された住民票も発行してもらいましょう。

 

(3)出産後の手続き−在留資格取得−

子どもが日本で出生した場合、出入国在留管理局で在留資格取得の手続きを行い、

在留カードを取得する必要があります。

これは、出生から30日以内に行う必要があります。

※父母どちらかが永住者の場合、お子さんは出生時から永住者の在留資格が取得できます。

※手続きには、上記の「出生届受理証明」が必要になります。

 

(4)出産後の手続き−お子さんの扶養の手続き−

扶養者がお勤めの会社に、お子さんを被扶養者に入れてもらう手続きをしてもらいます。

このとき、お子さんのマイナンバーが必要になります。

手続が無事に完了すると、お子さんの健康保険証が発行されます

※扶養者が国民健康保険の場合は、各自治体での手続きになります。

 

(5)お子さんに関する手続き

お子さんは、出生後1カ月くらいに、一般的には出生した病院で、1カ月健診を受けます。

その際に、健康保険証が必要になりますが、健康保険証の発行までには結構時間がかかるため、

1ヶ月健診に間に合わないこともあります。

その場合は、保険証が発行されてから病院にもっていくと、差額分を返金してもらえます。

 

 

その後も、日本では定められた定期予防接種というものがあり、

自治体から健診表が送られてくるので、対象の予防接種は基本的に無料で接種することができます。

また、3ヶ月健診や9カ月健診、1歳半健診、3歳児健診などがあり(自治体により時期は異なります)、

これらも無料で各自治体の保健センターや小児科で受診することができます。

更に、未就学児は病院を受診しても無料又は低額で受診できる自治体が多いのです(これも自治体により対象や金額が異なります)。

 

 

子育てに関する考え方も、日本と母国では異なることもあり、慣れないことも多いかと思います。

また、病院を受診する際には、これまで聞いたこともないような日本語を耳にして、不安になることもあると思います。

わからなかったら、思い切ってお住まいの自治体に問い合わせを行う等して、乗り切りましょう。

 

 

コメント
コメントする